スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他の注意点

妊娠中の疑問

妊娠中には旅行や薬など、どうすればいいのか?
他にも、便秘や出血などたくさんの悩み・疑問がでてきます。
こうした疑問を解決に役立てるものだと思います。
出産を経験している人間だからこそできるアドバイスを活用してください。
詳細は下記にまとめてありますのでお読みください。


その他の注意点関連エントリー

市販の妊娠検査薬はいろいろなメーカーから発売されていて、
そのどれもが尿をかけて検査するというものです。
妊娠するとhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されるので、そのホルモンが尿から検出されるかを検査するのです。
ほとんどの妊娠検査薬は500円から1000円で売られていて、
薬局などで簡単に購入できますので妊娠が疑わしい場合には、
まずこれで検査してみると良いでしょう。
妊娠検査薬 いつから判定できるのか

赤ちゃんが生まれるとしばらくは旅行に行けませんので、
妊娠中に旅行を楽しむのもいいでしょう。
しかしあくまで妊娠中という事を忘れずに、無理のない計画を立てる事が大切です。
そして旅行に出かける際には、必ずかかりつけの医師に相談して許可をもらってからにしましょう。
妊娠中の旅行で気を付けること

妊娠中毒症は妊娠中に腎臓の機能が低下し尿にタンパクが漏れ出したり高血圧やむくみなどの症状が表れる事です。
最近では妊娠中毒症とは言わずに妊娠高血圧症候群と呼ばれ、
むくみも定義からははずされています。
妊娠中毒症を食事で予防

便秘は女性の二人の内一人が悩まされていると言われていて、
特に10代~20代の若い女性や月経前などに便秘になりやすいようです。
そして妊娠するとますます便秘がひどくなるのですが
それは妊娠すると大量に分泌される
プロゲステロンという黄体ホルモンが原因とされています。
妊娠中の便秘を解消するには

人間の細胞には46個の染色体がありそれぞれ23の対になっています。
そのうち22対が常染色体というもので男女共通の体質や性格を伝えるものです。
その残りの1対が男女の性別を決める染色体なのです。
Xが対になったXX型が女性でXとYが対になったXY型が男性です。
卵子の染色体はXX型なので精子の染色体によって性別が決まります。
最近の妊娠の産み分けの状況

妊娠すると妊娠線というものができる場合があります。
妊娠してお腹が大きくなってくるとお腹の表皮は伸びる事ができるのですが、真皮や皮下組織の一部は伸びにくくなっていますので亀裂して赤紫色の線状斑ができるのです。
妊娠線を消すクリーム

妊娠中の出血の原因は、その時期や程度によっても深刻なものやそうでない場合があります。
しかし自己判断は危険ですので妊娠中の出血はどの時期であってもたとえ少しの量だとしても、ただちにかかりつけの産婦人科で受診しなければいけません。
妊娠中の出血の判断と原因

子宮外妊娠とは異常妊娠の中で比較的多いものです。
子宮内の通常の位置とは違う場所に受精卵が着床してしまう事です。
子宮外妊娠の中でも卵管に着床してしまう卵管妊娠が圧倒的に多く、稀に卵巣や腹腔、子宮頚管などに着床してしまう事もあります。
そして子宮外妊娠してしまうと子宮以外の場所ですので大きく育つ事ができません。
子宮外妊娠の症状と原因を知る

妊娠中は生まれてくる赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか気になるところですね。
生まれてからのお楽しみという方もいらっしゃいますが、
9割の方が妊娠中に性別を聞くそうです。
今のエコーはとても精密にできていますので、性別判断に間違いはないようですが、稀に妊娠中に聞いていた性別と違ったという事もあるようです。
妊娠の性別判断の時期と確実性

その他の注意点
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。